読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

なんちゃって文学論

雑記

MAOさんにつれられて彼の師匠であるところの多岐祐介氏のお話を聞きに行った!
場所は池袋のkenny's barという場所。
JazzBarで文学論の講義なんてちょっと粋じゃない?


題材は川端康成の「伊豆の踊り子」。
大学に入るまでずーーーっと国語は苦手だったし、大学の教養の文学の授業もすこぶる退屈だったのだけど、今日初めて面白い文学の講義を聞けた!
内容もさることながら「話す」という技術が凄く高いレベルで完成しているという印象を受けた。


お話の内容は「踊り子は本当に踊り子なのか?」のような切り口から作品を読み解いて行き、最終的にこの作品のテーマは何かというような流れ。
様々なからくりがあり、悩まされる作品だと。
重要なテーマは「下り坂」だと。
ああ、なるほど、こういう読み方をするのか……と、理系の授業ばっかり受けている私にとっては凄く新鮮で面白かった!
またお話聞きたいなぁ