読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

さいたまチェーンソー少女 桜坂洋 鶯神楽

漫画

誰よりも好き 死ぬほど好き
世界で いちばん
タクミくんが好き
でも タクミくんは 私よりもあの女を 選んだのだった
憎い 憎い 憎い あの女
今日 私は 自分ができる 最大限の行動で タクミくんに 訴えようとしている
今ならまだ やめられる ……
タクミくんを 忘れさえすれば ……
でも 私は 決めたのだ
彼を殺して 私も死ぬ

というような短絡的な理由により、めがねの少女がチェーンソーを振り回し、立ち向かう同級生達をばったばったと切り殺し、電波はいった親友までも切り殺し、彼を殺して私も死のうとする!
というなんとそのまんまの漫画!


この漫画すげーよ!
どこまで本気でどこまでギャグなのかまったくわからない。
いたって真面目で、どこまでも純粋で、でも一歩引いてさめた目で見てみると、これはどう考えてもギャグマンがじゃないか。
女子高生がテキサス生まれのおじいちゃん仕込みのチェーンソー技術を駆使して構内を闊歩するシーンはひたすらにカッコイイ。
……が、バカそのものである。


そこでそういうおちかーーい! という感じだけど、これはこれでなんともいえない爽快感があって好き。