読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

モノレールねこ 加納 朋子

読書

モノレールねこ (文春文庫)

モノレールねこ (文春文庫)

うわわ。今年読んだ本の中で1,2を争う名著!
短編集なのですが「はやく! 次が読みたい! 読みたい!!」という具合にで先が気になってしかたない。
本当に面白かった。


コレを買った決め手は、帯の文句が凄く気になったからだ

ザリガニの話で泣くなんて思いもしなかった


このザリガニの話というのは、本書の一番最後に掲載されている作品『バルタンの最後』。
子供に釣られて、家にもって帰ってこられたザリガニ視点で、その家族を見つめる物語。

表題作の『モノレールねこ』は塀の上をあるく姿がまるでモノレールのようなでぶ野良ねこの、首輪に手紙をはさんで文通をするお話。

他にも素敵なお話が8編収録されている。


どの話も、登場人物は何かしらの喪失を抱えている。
お話の中でその喪失が、優しく、本当に優しく埋められていく様子は胸を打つものがある。