読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

天皇陛下の全仕事 山本雅人

読書

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)


自分がまだ働いていいないころは「芸能人っていいなー」とか思ってたわけですよ
テレビ=楽しい=楽してお金儲け
みたいな、凄くアホな思考回路で。
でも、奴らはスゴイわけですよ。
異常なスケジュールに忙殺されて、いつでも笑顔を振りまいて、娯楽を提供して、でも旬が過ぎるとばっさり切られる……
怖っ! 芸能界怖っ!
自分が会社で働きだして、お金を稼ぐということの難しさ、大変さを身を以て感じたわけです。



お仕事って大変だ。
テレビの向こうの芸能人や、本の向こう側の作家や漫画家なんかは、想像もできないようなハードな仕事を常にこなしているわけです。
それは肉体的であったり、精神的であったりね。
政治家はまさに国を動かしているし、官僚の激務っぷりは言うに及ばない。
……それぞれの『仕事』の大変さというものが何となく想像できるお年頃になってきたわけですが
やっぱり、全く想像のつかない『仕事』があります。


それが、普段の天皇陛下のお仕事だったりする。


この本は宮内庁記者クラブにいた作者が、天皇陛下のお仕事について、いろいろと教えてくれる一冊。
テレビを通して伝えられるお仕事なんて、ほんの一握りで国の象徴たる天皇陛下は、じつは土日も結構潰れつつ日々の仕事をこなしているという。

いや、物凄く面白かった。
基本的に、国の象徴として「人に会うこと」がお仕事としてあり、もうひとつ「決裁」を通す「執務」があると。
この「執務」ってしごとは何をするかというと、内閣から上奏される(上奏って今でも使われることばなんだ!)書類に印を押して署名するしごとだって。
何かしらの法律が施行される場合も天皇陛下が決裁されるそうな。(とうぜん突っ返す事なんてできませんがね)
自分だったら、もう、やって来た書類に機械的に印をおしえてくだけになるんだろうなぁ……
しかし、陛下はきちんと目を通しているらしい。
#その証拠に、書類の不備なんかをきちんと見つけられるとか……すげーよ


また、古式ゆかしい伝統の儀式を行ったり、国賓をもてなしたり、地方へ行幸啓なされたり、魚類の研究をなされたり……いや、ちょっとこれは凄く大変なんじゃない?
いや、あのお歳でそこまでハードな日常をおくっていたとは……。


普段みることのできない、知る事のできないことを知る事ができた大変面白い一冊でした