読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

とらドラ6! 竹宮ゆゆこ

読書

とらドラ! (6) (電撃文庫 た 20-9)

とらドラ! (6) (電撃文庫 た 20-9)


どうすれば、この大絶賛が伝わるのだろう。
やっぱり、あれか。
とにかく読め、面白いから。


この読んだ後に、心に熱い物が残る感じ。
ひどく漫画的で、それでいて何処までも現実の延長で。
不思議な出来事や、不思議な能力や、宇宙人や、未来人や、超能力者や、
熊に見える超美人や、夜の王や、不死者や、賢狼や、文学少女や、
そんなライトノベル的な設定はどこにもない。


だけど、これは確かにライトノベルで、でも描かれている人物は確かにそこに温度をもって存在していてもおかしく無くて
みんな、酷く不器用で。頑で。
そんな高校生の日常を切り取ったお話。


そう、とにかくみんな不器用なんだ。
私は誰が好き。
そして、そこに向かってアタックすることはいい事。
でも、人間は変わって行く。
そこに目が向かない主人公一味。
そういうところが、酷く不器用で、だから、誰かが誰かを傷つける。
甘酸っぱく、いやいや酸味の強い群像劇。


兎に角熱かった。
とくに大河が殴り込むシーンはなんか、ちょっとウルっときた。



関係ないけど、ツンデレの本質は
「べ、別にあんたのためにやってるわけじゃないんだからね!」
じゃ無いことは周知の事実でw

  • 不器用さ
  • 素直になれなさ

この2点なんだなぁ……としみじみとおもった。
だって、大河ばっかりツンデレのような扱いされてるけど、櫛枝だって、相当のツンデレだぜ?