読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

ハチワンダイバー

漫画

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)


囲碁・将棋はマイナーゲームだ。
ジジ臭いというイメージからか、実際にジイ様ばっかりがプレイしているからか……若者には人気が無い。
囲碁将棋ほど本当に若い人の方が恐ろしいほどの強さを発揮でき、プロとして喰っていけるゲームはないのになぁ……


しかし、ときどき、囲碁や将棋を題材にした漫画が大当たりして、大量に強すぎる若者をつくったりします。
今の大学囲碁界とか、ヒカルの碁世代が大量に入ってきてレベル高過ぎ! やたらと強いアマチュアだらけ!!


このハチワンダイバーは将棋を題材にした漫画だ。
作者はエアマスター柴田ヨクサル
将棋盤のます目は9x9=81マス。そこからでてきてるタイトル。


プロを目指して、プロになれずに真剣師(賭け将棋で喰ってる人)として生きてる主人公(この時点で無敗)が、ある日、アキバの受け師という女真剣師に負けてしまう。
絶望を味わった主人公はそこから這い上がって行くのがこの手の漫画の常で、死にもの狂いで強くなろうと、修行の日々が始まるわけだ。
才能ある井の中の蛙が大海を知った時ほど怖いものは無い。この主人公どんどん強くなっていくのだが……


と、ざっくりとしたお話はこんな感じ。
将棋が題材ではあるけれど、まるで格闘漫画だ。
コマの動き方を知らない人間でも十二分に楽しめる。
自分は囲碁は打つけど、将棋は指さない。コマの動きくらいならわかるけど、やれ振飛車だ、藤井システムだ、島ノートだといわれてもなんのこっちゃわからない。
それでも楽しめるのは迫力ある作画と心理描写。そして、若干アホだからだ。


作者は以前は将棋のプロを目指していたことがあるらしい。
だからこそ、描ける苦悩がド迫力で描かれている。

オレが勝てば
そよちゃんのオッパイを揉む

と、勝手に第三者のオッパイを賭けて命の縮むようなデスマッチを行ったりという若干アホな部分もいいスパイスになっている。
絵は下手だけど、べらぼうに面白い。
決して立ち止まらず、怒濤の勢いで進んで行くお話。
まさにダイブ!



ハチワンダイバー 2 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 2 (ヤングジャンプコミックス)


ハチワンダイバー 3 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 3 (ヤングジャンプコミックス)


ハチワンダイバー 4 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 4 (ヤングジャンプコミックス)


ハチワンダイバー 5 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 5 (ヤングジャンプコミックス)