読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

三国志 5巻、6巻 宮城谷昌光

読書

三国志〈第5巻〉 (文春文庫)

三国志〈第5巻〉 (文春文庫)


三国志〈第6巻〉 (文春文庫)

三国志〈第6巻〉 (文春文庫)

うーーん。読むのに時間かけてしまった……。
ぶっちゃけ5巻の最初の方は覚えておらぬ!


曹操が台頭、呉も平定されてきた感じ。
6巻では赤壁の戦い。
なんだか劉備一派にとげがあるなーと思ってたら、やっぱりまちゃみちゅは劉備嫌いだなw
赤壁では蜀の皆さんは駐屯して何もしない役回りでした。
孔明がしゃしゃりでて風を呼んだりとかそんなことはなし。
劉備の立ち位置なんかを考えるとそりゃそうだ、という納得のこと。
赤壁の戦いで蜀がいろいろ活躍してるのは、後世の創作なんだって。
ふーん。
きちんとひとつひとつの事象を追っていってるから、そういう部分が納得できて面白いのは相変わらず。

さて、三国志ってだいたい赤壁あたりで(わたしの)記憶が途絶えるからはよ先が読みたいであります。