読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

KAGEROU 齋藤智裕

読書

KAGEROU

KAGEROU

話題のあの本、Amazonでのレビューがあまりにもあんまりなので、逆に興味がでてきて買って読んでみた。

自殺しようとしていたおっさんが、妙なおっさんに声をかけられ
「どうせ死ぬならドナーになってよ」
ってな具合で、身体中にありとあらゆる部分をドナーとして提供する

っていうのがあらすじ。
臓器提供するまでの間に、命ってなんぞやとか、生きるってなんぞやとか、魂ってなんぞやとか。
そういうことを考えるストーリー。


お話はよく出来てる。でも、言葉遣いが軽いし、重みがない。
主人公の、前半の重苦しい雰囲気から、後半の生まれ変わったような明るくて軽いおっさんへのかき分けが実は結構気持ち悪くて馴染めない。
高校の文芸部とかの季刊誌にのってる超面白い作品レベル。


なんだろ。これが賞金2000万の作品と言われたら大いに疑問。
ますます出来レース説を疑ってしまう。
エンタメ小説(ポプラ社大賞はエンタメ小説の賞)としては微妙。登場人物のキャラがたってないし、おはなしもたいして面白くない。ラストのくだりがショートショートの一発オチみたいな感じで、200ページも書いてそれかよ……という印象。
純文学としてみると中途半端。
結局何を伝えたかったのだろう。命の大切さ? ココロと身体は不可分だけど、身体は生き続けるし、じつはココロも移植できちゃいましたてへ☆?
命の尊さと言われたらしっくりくるかもしれないけれども、それは作品をよく批評するためにひねり出されたただのキーワードじゃないかな。


全体として薄くて軽い。期待通りの感じ。
感想としては面白くないというよりどーでもいいが近いかもしれない。