読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 西尾維新

読書

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)

あとはがききちんと読もうね! (挨拶)

まさか、4冊同時リリースの4冊ともに「これが最終巻です」って書いてあるって書いてあることに気づいてなかった!
もう、順番気にして読む派の俺の気遣いを! 気遣いを!


しかし、3冊読了した時点で、この「無桐伊織との関係」が一番おもしろかった。
というか、一番求めていたものだった。
僕の中での西尾維新らしい西尾維新作品だった。


化物語に近いのかな。キャラクタが好き勝手喋くり回って、どかどかどたどたと超人バトルを繰り広げる。
とにかく痛快である。


もう、キャラクタがいきいきとしていると、名言がたくさん生まれる。
人間は理不尽に生まれて、意味不明に死ぬ。 とか。


ちょっと面白かったのが、自分の作品へのツッコミが入っている台詞。

お前のそのパラメーター、どうやって密室殺人事件とかと辻褄合わせんだよ! 初期と後期でストーリーが繋がんねえだろ!

とか。

お詫びに今度、伊織ちゃん誘って零崎くんハブって、女子三人でつるんで、あたしの奢りでテニミュを見に行こう

テニミュかよ! とか。


いやぁ、しかし、伊織ちゃんがもう、狂いまくりでかわゆかったです(はぁーと