読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

アクセル・ワールド 3 川原礫

読書

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)

ドラゴンボール的バトル物語の欠点は、どうしてもドラゴンボール的になることだ。
すなわち、強さのインフレがおこる。
強くなってしまった主人公を窮地に貶めるため、さらに強い敵が現れ、さらに主人公が強くなる。

最初は四天王だった敵が、その上に裏四天王が現れ、神と戦い、異世界からの侵略者と戦い……
きりがない!
最初の設定はどこにいった! お前はどこを目指してたんだ! うがーーー!
初期に出てきた敵は、後半雑魚ですか。ヤムチャですか。


まぁ、このアクセル・ワールドもその向きがある。
つまり「つまらない」のだ。
もう、なんというか、ドラゴンボール的展開が見えていてつまらん。
デビューしたとき、なんであんなに評価されたんだろう?
あれは、なんというか、超エロかわいい表紙への評価だったのではなかろうか……。


最近感じるのは、こういったライトノベルは異常に伏線を張るのが下手なんじゃなかろうか? という点。
じっくり構成を考える暇がないんだろうなぁ。