読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

とある飛空士への恋歌 2 犬村子六

読書

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

悪いことは言わない。
この文章を読んだ人はすぐに、とある飛空士への追憶およびとある飛空士への恋歌を買うべきだ。躊躇無く。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)


とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)


あらすじはこうだ。
国を滅ぼされ、平民に身を隠して成長した元王子と、革命軍のシンボルとして、何もわからぬまま巫女(ちょっと違うが便宜上巫女とする)として担ぎ上げられた少女がいる。
彼らは成長し、飛行学校で何も知らないまま出会い、恋に落ちる。
元王子は、彼女が自分の父母を殺した革命軍の巫女であるとはしらずに。
少女は、彼が元王子であることをうすうす感じながらも、それを認められない。
どうしようもなく二人は惹かれあっていく。


そこでまぁ、いろいろあるわけなのだが。


王道です。
すがすがしいほどの王道です。
王道を小馬鹿にするひとがいるかもしれないが、面白いから「王道」と言われているんだ。
そう、このお話、非常に面白い。


なにより、キャラクタがみんな生き生きしている。
その日その日を一生懸命生きて、喧嘩をし、馬鹿騒ぎをし、遊び、学び、恋をする。
そのなかで、主人公のカッコツケのへタレキャラが強調され、若干イライラするものの、彼女の前ではいいところ見せようとして、叫びたいのを必至に我慢するシーンなど本当にいじらしい。

ああ、青春の光!!

ライトノベルを読む人で、俺は本当に幸せだ。
だって、こんなにいい本に出合えるんだもん!