読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

面白南極料理人 名人誕生 西村淳

読書

名人誕生―面白南極料理人 (新潮文庫)

名人誕生―面白南極料理人 (新潮文庫)


この人の南極ものは本当に面白い!
作者は海上保安官で、船の上で料理をつくる仕事をしている。
そして、南極探検隊として2度の越冬を経験しているというツワモノだ。
前作の面白南極料理人*1では第38次南極越冬隊のときの経験を面白おかしく書いてあったのですが、今回は第30次の時の話。
つまり始めての南極体験の話が書かれていました。


愛のある毒舌が随所にちりばめられ、きっと辛かったりきつかったりすると思う南極での経験がクスクスと笑いのこみ上げる絶妙なタッチで描かれており、ほんとうに面白い。


特に、自分たちがのほほーんと暮らしていたら決して体験することのできない体験について書かれている点がいい。
もやしもん」を読んで「俺は農学部に入って地球のファックするんだ!」というちょっと頭の悪い天才たちが出るように、この本を読んだら、「俺も南極で越冬して氷山の一角になるんだ!」と思ってしまいます。
てか、南極いきてーーーー!!



……しかし、この本、越冬隊として南極にいったのに、越冬する前の部分でお話が終わってしまっている。


は、早く越冬編を!!!

*1:[asin:4101153515:detail]