読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

吉原手引草 松井今朝子

読書

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

直木賞受賞作。

そう、俺の敬愛する夜は短し歩けよ乙女*1を抑えての直木賞受賞作です。


ああ、これはすごく、すごく面白い。


豪華絢爛たる吉原遊郭で、葛城という花魁が何らかの事件を起こす。
その事件の真相を、とある男が吉原中を聞いて回るお話し。
インタビューされる人間が各章ごとに変わり、そのインタビューされる人の一人語り風に書かれている。

何が面白いかって、当時の人ですら案内が必要だったという吉原を、まるで見てきたかのように美しく描きあげてある点。
そして、人情。情緒。
もう、なんというかとても面白い作品。


特に吉原の説明をする下記の一文が印象的だった

お歯黒溝にぐるりと囲われたこの三丁四方の遊廓の中は、思えばひとつの大きな舞台なのかもしれませぬ。

*1:[asin:4043878028:detail]