読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

とある飛空士への恋歌 犬村小六

読書

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)


前作、とある飛空士への追憶*1が素晴らしく面白かったんだ。
だから、凄く不安だった。
1巻完結で凄くおもしろい作品の、二匹目のどじょう的な売れ行きを狙う作品っていうのは、なんだか小粒でまったくつまらないものが多い。


ま、結論から言うと、まったくの杞憂だったけどね。



とある飛空士への恋歌は1巻完結じゃなくて、長い物語の序章であった。
クーデターによって放逐された皇子は、とある飛行機技師の息子として育てられる。
この元皇子は飛空士となり、空飛ぶ島イスラに居住し、セカイの果てを目指す。


そんな壮大な物語なのだが、これはもう三角関係の恋の予感ですよ! 予感!



ただ、とても残念だったのは次の下り
クーデターのその日、屋敷が騒がしくなり、王が執事に何事か尋ねる部分。

「なにがあったというのだ」
カールの質問に執事は少し考えてから、静かにつげた。
「革命です」

ここで王は、この執事を切り捨ててしまうべきだった。
この場合「反乱」「謀反」「暴動」などと応えるべきだ。
「革命」というのは、「革命」が成功したあかつきに「革命」と呼ばれるものだ。
もしもここで「革命」がならなければそれはただの「暴動」だ。
まだ革命が成っていないのに、その暴動を「革命」というのは、それは執事として決定的に間違っているだろう。


前半のその部分が圧倒的に残念だったが、残念なのはそこだけ。
早くアニメ化を!
恋歌はアニメ化して、追憶は映画化してほしい!

*1:[asin:4094510524:detail]