読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

化物語 上 西尾維新

読書

化物語(上) (講談社BOX)

化物語(上) (講談社BOX)


西尾維新作品は戯言シリーズでハマり、刀語があまりにもおもしろくなくて、しばらく敬遠してたんですよ。



そしたら、シャフト+新房監督でアニメ化決定。
http://www.bakemonogatari.com/
あちらコチラで大絶賛!


じゃぁちょっくら読んでみるか、と。
あーコレはオモシロい。
アニメにしたら超映えるだろうな。
早くアニメを!!


主人公は春休みに吸血鬼になり、いろいろあって、今は他人よりちょっと新陳代謝のいい高校3年生。
その主人公の周りで、様々な『怪異』がおこる。
蟹つかれた少女。迷子の蝸牛。猿の左腕。色惚け猫etc...etc...
謎のアロハ浮浪者忍野の助けをかりつつ、それらをことごとく解決していくーーー


という粗筋だけど、ちょっとまった。
この構造どこかで……
あ。まんま空の境界*1じゃないか
というか、この物語のパターンは昔からあるな。


なんか、なんでも解決できちゃうアドバイザー的な立ち位置の人がいて、主人公はその人と知り合い。
主人公はなんかしらないけど、やたらと厄介毎を拾ってきては、自分の手に負えず、アドバイザーのなんとも抽象的なヒントをもとにぶーぶーいったり大冒険したり、死にかけたりしながら事件を解決する。
というパターン。


あー。なるほどねー。
このパターンがオモシロいのか。
このパターンがアニメ映えするのか!
このパターンだと世界観を共有したまま無限にお話つくれるのか!
データベース消費を促進させるためのデータベースのいっこ上のインターフェースみたいな存在が、この話形なのか!
O/Rマッピングみたいな? 違うかw

*1:[asin:406275892X:detail][asin:4062759209:detail][asin:4062759462:detail]