名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

とらドラ! 竹宮ゆゆこ

とらドラ!1 (電撃文庫)

とらドラ!1 (電撃文庫)


アニメとらドラ!があまりにも出来が良く、あまりにも萌え震いさせてくるので、原作かってみました。



……なんだこれ。
すっっっっっげーーーーーーーおもしろいぞーーー!


まずは作者の圧倒的筆力。キャラクターの描写力。
なんてこった……これはラノベだけど、最上級のエンタテインメントだぞ!


王道ラブコメなのだけど、人物がとても、とても生き生きと描かれている。
特にヒロインの逢坂大河は凄く良く書けている。
ツンデレ? バカな。
ツンデレを意識して書いたツンデレなんぞ不要。大河の場合はなるべくしてなったツンデレキャラなのだ。
本当は弱いのだ。凄く、凄く弱い。
でも気丈に振る舞い、周りを萎縮させ、どんどん独りになっていく。
そんなどうしようもなく弱くて孤独な女の子なんだ。
周りの人は誰も自分の事をわかってくれない……そんな悩みを抱えている。
そこに入って行くとなると、どうしてもそりゃ、彼女はかわいくみえるだろう。


判で押したような、作られたツンデレじゃない。
キャラクタを掘り下げる事で必然的に描き出されるツンデレ。
ああ、なんということだ。


この作品、涼宮ハルヒの憂鬱と並んで面白いかもしれぬ。
はぁ、恋をした。「黙れ。そして腐れ」とかいわれたい。あのニーソで踏みつけられたい!