読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

2008年10月開始アニメの感想 その1

アニメ

はーい。2008年7月開始のアニメラインナップがイマイチで、結局「ひだまりスケッチx365」しか見なかった僕です。
しかし、2008年10月開始のアニメはなかなか粒ぞろい!
5本見終わったところで少々感想をば……
# ちなみに自分的本命はヒャッコCLANNAD

夜桜四重奏

http://www.tbs.co.jp/anime/yozakura/


眼鏡!( ゚∀゚)o彡゚眼鏡!( ゚∀゚)o彡゚
というわけで、非常によい眼鏡っ娘がおりました!
キャラクタデザインがなかなか良い。あのながーいマフラーをふわふわさせながら飛び回るヒメちゃんがいいね!
世界観もアニメ映えしそう。
しかし、なんか、こう、アニメーションの作りが粗いのが残念。

ヒャッコ

http://hyakko.jp/


平野綾すげーよ。まじすげー。なんでもできるじゃないか……。あんな大人しいキャラでどうだろ?? と思っていたけれど、見事に演じきっていました。
お話は……15分で漫画1話消化するくらいがよかったんじゃないかな? 
間延びした感じが否めない。
原作ファン以外はたのしめないかも?
しかし、鮮やかな色使い、良く動くかわゆいキャラはすばらしいものがあった!
雀(CV ゆりしー)のかわゆさはガチ

CLANNAD AFTER STORY

http://www.tbs.co.jp/clannad/

子供たちよ、これが今の俺にできる唯一の贈り物だ。
思い出という名のカタチのない贈り物だ。
俺には金も無い、カタチのある物なんて買い与えてやれない。
それでも、カタチはなくても思い出はいつまでも残り続ける。
俺は、そう信じている……

と言って、アウトになる芳野(CV 緑川光)が最高過ぎた
小気味のよいテンポで繰り広げられる軽妙な春原いじりは相変わらずステキだ。
このギャグとシリアスの絶妙な混ぜ具合がkeyの魔術なんだよなぁ……
引き気味の画面での作画の乱れが若干気にはなったが、あいかわらずの京アニクウォリティ。


春原と言えば、下のムービーが恐ろしく面白かった。春原関係ないけど……
D

黒執事

http://www.kuroshitsuji.tv/


こういう話だったのかー!
作画は良好。声は坂本真綾。意外と意外に?

鉄のラインバレル

http://www.linebarrels.jp/


これは! GONZO久々のいい作品かも!?
どこがいいって、この主人公の糞野郎っぷりに萌えた。
ゼッタイこいつとは友達にはなりたくねーー!
キャラクタデザインが平井久司でかなり抵抗はあるけど、これはちょっと注目してみるベシ!
あっひゃっひゃっひゃ。