名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

陰陽師 瀧夜叉姫  夢枕獏

陰陽師―瀧夜叉姫〈上〉 (文春文庫)

陰陽師―瀧夜叉姫〈上〉 (文春文庫)


陰陽師―瀧夜叉姫〈下〉 (文春文庫)

陰陽師―瀧夜叉姫〈下〉 (文春文庫)


夢枕獏陰陽師シリーズのスゴイところは
その空気感だ。
人と、妖しとの距離が、まだ小さかった平安の闇。
これを実に良く表現している。


どことなく静かなのだ。
きっと、今ほど喧噪もなく夜といえば本当にたいまつの炎と月や星。
その程度の明かり。
蟲の声が聞こえ、百鬼夜行が闊歩する。
呪術的な要素の強い都。


そんな空気が文字から、行間から香り立っている。


さて、瀧夜叉姫。
長編である。
上手に無駄無く張られた伏線。
その一つ一つが平安の闇を魅力的に映し出している。
長編とは言え、それは面白い映画をみているみたいで、すごくビジュアルに訴えかけてきて、すらすらと読める。
平将門の物語。
おどろおどろしく、そしてすこし切ない。


いやはや、これは名作。