読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

のぼうの城

読書

のぼうの城

のぼうの城


帯より引用

時は乱世。
天下統一を目指す秀吉の軍勢が
唯一、落とせない城があった。
武州・忍城。
周囲を湖で囲まれ、
「浮城」と呼ばれていた。
総大将・成田長親は、
領民から「のぼう様」と呼ばれ、
泰然としている男。
智も仁も勇もないが、
しかし、誰も及ばぬ
「人気」があったーー

この城、
敵に回したが、
間違いか。

忍城は現在の埼玉県行田市にあった城である。
ここで、石田三成vs成田長親の戦いがあった。
石田三成軍 4万。成田長親軍4千(農民、女子供含む)。
圧倒的不利の中、ついに成田長親率いる忍城は落城しなかった。
そんなお話。


主人公の「のぼう様」成田長親は醜男である。
太っており、不器用で、目が細く、表情に乏しい。
農作業が好きだが、不器用であるがために「のぼう様」が手伝った田植えの田は4日間を使って植え直すことになる。
『でくのぼう』を略して「のぼう様」だ。
陰口で言われているわけではない。
面と向かって、農民からそう呼ばれているのだ。


愛嬌があるのだ。抜群に人気があるのだ。
みんなに慕われて、信用されているし、長親は農民を信頼している。
この人気と相互の信頼こそが、忍城が落城しなかった最大の要因なのだろう。
胸を熱くするものがあった。


長親の人柄により、農民達が一丸となって戦いに入って行くシーンなんか、涙を堪えながら読んでいた。
熱い。熱いんじゃ!



是非、ホンジャマカ石塚主人公で映画化してほしい。
あと、表紙の絵はオノ・ナツメ。すごくいい味をだしている