読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

紅 kure-nai 〜ギロチン〜 片山憲太郎

読書

紅 〜ギロチン〜 (紅シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

紅 〜ギロチン〜 (紅シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)


これはヤヴァイな。
紫かわゆすとかそう言うレベルじゃなくて、凄く面白い。


裏の人材派遣会社、「悪宇商会」にスカウトされた真九郎は悪宇商会の登録のテストとして『暗殺』の依頼を受ける。
だが、それはできないと言って断ると、今度は悪宇商会の「ギロチン」斬島切彦に命を狙われることとなる。
かいつまんでストーリーを話すとこんな感じ。
そこに、紫の授業参観に出て欲しいという話が絡まり、真九郎は千々に心乱れるんだな


このてのラノベや漫画にはありがちなストーリー。
主人公は三流を自覚しているが三流を抜け出せない甘ちゃんだし、紫との関係に改善の糸口が見えるとすぐにスーパー真九郎モードに入るし。
正直、ご都合主義だ。


しかし、なんだろうな。
物凄く惹き付けられるものがあるのは筆者の筆力のなす技か。
ピリリとした空気感が全体的に漂っているところがいい。
そして、さらりと残酷なところがまたいいのかもしれない。
幼い子供の子宮を喰らう老夫婦の話の下りとか、吐き気がする。その空気がピリピリとコチラ側へ伝わってくるのだ。


次は醜悪祭(上)なんだけど、(下)が本屋のどこにも置いてないんだよねえ。
なんか http://upatea.sakura.ne.jp/log/eid910.html みたいな話もあるし。
原作、アニメ共々最高に面白いだけに残念でならない……


紅?醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)

紅?醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)


紅 醜悪祭 下 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)

紅 醜悪祭 下 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)