読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

紅 kure-nai 片山憲太郎

読書

紅 (紅シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

紅 (紅シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

屍姫*1」がGAINAXでアニメ化*2とかいうあまりにもショッキングなニュースが流れておりますが……
 #あの漫画はどうがんばっても小学生向けにしかならんぞ


そんなことより、今期一番のダークホースアニメであり、また今期でずば抜けて面白いアニメがBrain's Base制作の「」でございます。
で、例によりニコ動で評判をウォチしていると「原作の黒さがない……」とかいうコメントがついていたので、じゃぁ、原作はどうなのかな! ということで原作を読んでみた。


いやいやいや。これ、ラノベの筆力じゃないよ!
物凄く圧倒的な文章力を持っているじゃないか。
この人はライトノベルで書いているのは勿体ないなぁ……


さて、内容は、確かにアニメとはだいぶ違ったけれど、これはこれで面白い。
そして、アニメはアニメで面白い。
どっちが好きかと言われると、断然アニメの方が面白いというのがちょっと口惜しい。


基本的なキャラの設定や、舞台、シチュエーションはだいたいおんなじ。
細部がアニメと若干違うかな?
ストーリーとしては、真九朗のが紫の護衛を行う。その間での二人の成長が描かれて、護衛の任務が終わるところまでが描かれている。
まだアニメでは語られていないが、紫に追わされた過酷な運命や九鳳院の話などがかかれている。


どうしてもアニメと比べてしまうが、原作ではわりと固い感じの文章で物語が語られ、冷たい、鋭い印象を受ける。
一方アニメは、すこしくすんだ色合いながらも暖かいストーリー展開。かと思えば、揉め事処理屋としての殺伐とした真九朗が淡々と描かれており、それとは対照的に太陽のような紫の笑みが描かれている。
この対比が素晴らしいのだ。


そういえば、Brain's Baseの前作バッカーノ!もあまりにも見事すぎる脚本と演出で原作を進化/深化させるすばらしい映像化をやってくれたからなぁ……。


いまのペースだとアニメは原作1巻分で完結だろうけれど、原作は原作でまたその世界観をつっぱしってくれることでしょう。
両方に期待。
今、Brain's Baseがメチャ熱い!

*1:[asin:4757515065:detail]

*2:MOON PHASE雑記より http://d.hatena.ne.jp/moonphase/20080509