読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

バッカーノ! 1934 娑婆編

読書


購入した本は電車のなかで読むのだけど、購入したDVDは家じゃないと見れない!
だから、先日部屋の模様替えをしたときに、新品未開封のアニメDVDが10本近くでてきて絶望した!
そんな積みDVDをやっているので、BACCANO!のDVD版にはテレビ未放映の新作(14, 15, 16話)が収録されているなんて全然しらなかった!


このDVDの新作の主人公は「グラハム」。超巨大モンキーレンチを操る『解体屋』だ。
って、声がキョンじゃねぇか。ヒャッハァ!


このグラハムが大活躍するのがバッカーノ! 1934娑婆編。
前作、監獄編と同じ時系列で、かたられるもう一つのプロローグ。
監獄編はアルカトラズ、娑婆編はシカゴの話。
その両方で、ヒューイという不死者による壮大な「実験」の幕開けについて語られる。


というか、アニメ版1話に出て来たDD社副社長(CV:若本)とキャロルはこの巻で初登場。
やばい。アニメとセットで読んで4倍面白い小説って初めてだ。


娑婆編で、やっと登場人物が揃った。
次の完結編すべての登場人物があつまり、事件が起こり終結する!
ああ、このスピード感。まるで麻薬のような文章だ。


ヒャッハァ!

バッカーノ! 5 [DVD]

バッカーノ! 5 [DVD]