読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

ToHeart2 AnotherDays

ゲーム

ToHeart2 AnotherDays 初回限定版

ToHeart2 AnotherDays 初回限定版

ToHeartと僕

……AnotherDaysのAnotherDaysがちょっと欲しいのは僕だけでしょうか?



というわけで有給とってまでToHeart2に没頭しておりましたhidesukeです。
確かあれは高校2年生のころ、初めてプレイしたエロゲはF&CのWith You ~みつめていたい~で、つぎにプレイしたのがToHeartでした。
飯もくわんと部屋に引き蘢ってレミィのパンツの色をコンプする事に心血をそそいだあの日々この日々。
思えば、あのころから俺の人生は素敵な消費者の側に進んで行っていたのだなぁ。


それから時代はうつり、Windowsは95からXPへ。
そして発売されたToHeart2はありとあらゆる点において革命的でした。
ようするに、愛佳は俺の嫁。
でも、ほんとうはちゃるが好きなの(告白


みたいな感じで、どうも自分のツボにはまるキャラは攻略対象外の脇役がおおいという傾向に涙をしつつも、どうせ2次元だ、2次元はそこで微笑んでくれてるだけで美しいんだ……と死んだ方がいい発言をしながら下町のナポレオンをあおる日々がつづくのでした。



ところが、なんということでしょう!
そのToHeart2の脇役たちにスポットを当てたToHeart2 AnotherDaysがでたじゃないですか!
うぉぉぉぉぉ! ちゃるは俺の嫁! 眼鏡万歳!
眼鏡原理主義者としてはおもわず大演説をしなくてはいけないところです。

諸君 私は眼鏡っ娘が好きだ
諸君 私は眼鏡っ娘が大好きだ

縁なしが好きだ
セルフレームが好きだ
黒縁が好きだ
銀縁が好きだ
虎縁が好きだ
丸レンズが好きだ
瓶底が好きだ
川崎デザインが好きだ
だて眼鏡が好きだ

町中で 学校で
職場で 電車で
ベッドで 台所で
ラーメン屋で 有明で
図書館で 本屋で

この地上に存在するありとあらゆる眼鏡っ娘が大好きだ


(中略)

諸君 私は眼鏡っ娘を萌え死ぬ様な眼鏡っ娘を望んでいる
諸君 私に付き従う眼鏡原理主義者諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なる眼鏡っ娘を望むか?
情け容赦のない時東ぁみのような眼鏡っ娘を望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界のヲタを萌え殺す嵐の様な眼鏡っ娘を望むか?


眼鏡っ娘! 眼鏡っ娘! 眼鏡っ娘!』


よろしい ならば眼鏡っ娘

(後略)


というくらい大好きな眼鏡っ娘のちゃるを速攻落としにかかる俺。
え? あれ? そこ眼鏡はずしちゃうの?
え、あれ?


NOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!
ドピュ
最低だ……俺。


……という感じで、どうころんでも十二分に楽しめたいい作品でした。てへ☆



少佐の演説のパロでずいぶんと長いエントリになってしまったけれども、書きたいことを書いておこう

葉っぱ(Leaf)と僕

よく『葉鍵』といわれてLeafとkeyは比べられるけれど、断然僕はLeafが好きだ。
その理由としては、エロが無いエロゲーに価値は無い。……というどうでもいい信念もあるのだけれど……。
(ToHeartのエロシーンはその異常に濃厚な濡れ場で有名)
でも、いちばんの理由はゲームとしての手軽さじゃないかな?
総じてkeyの作品はシナリオが長い。1週するのにいったい何時間かかるんだ……と。
そもそも、PCのディスプレイで文字を読むのが苦手な僕にはその長さは苦痛。
そして、どれも徹底的に泣かせる事(≠感動)に主眼を置いたシナリオばかりなのだ。
確かにじーんとくる。俺が初めて泣いたエロゲはAirだった。よく、泣かせるためには動物と家族愛さえあればおkと言われるけれど、keyはそこんとこをよくよくわかっていて、上手に配置してくる。


一方、Leafは、エンターテイメントの追求なんだよね。
☆5つの評価は求めない。でもみんなが楽しめるもの。最後まで楽しめて、こころにほっこりと「あぁ、おもしろかった」と言う気持ちを残してくれるものを作ってくれている。
そういう意味で、Leafはシナリオ、絵、音楽、プログラムと全てが必要充分なのだ。
とくにシナリオ。昔からかわらない絶妙な長さがいい。ユーザに無用な負担を強いらない。
それでも、充分に没頭できる。
(そもそもの設定を除いたら)ご都合主義な展開が無いところがとてもいい。大好きだ。


その集大成がToHeartシリーズなんだろうなぁ。
シルファかぁいかった。郁乃かぁいかった。ちゃるかぁいかった。このたま、エロかった。