読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

残業の日々

雑記 就活

うちの会社は、わりと自由だし、『帰りたい、帰れない……』みたいな事が他のSIerに比べて圧倒的に少ないと思う。
ただ、やっぱりスケジュールの問題その他でそういう状況がおこることだってある。
先週は正にそれで、忙し過ぎて全然帰れなかった。


プログラムとか新しい技術とか、そういうのが好きで、この業界だったらずっと色々学べるんだろうなぁ……と思って、採用面接の時にも「新しい技術に触れたいから」ということを言ってきたのに、いざ入ってみると新しい技術なんて触れる場所は欠片もない。
なんであの時「会社の求めている人物と違う」ということで落としてくれなかったんだろう……。
正直、自分は自己顕示欲が高い方だからその会社のネームバリューにも弾かれていた部分はあるんだろうね。
あそこで、この会社を選んじゃった俺にも落ち度はあるか。


技術力がある人、技術を身につけたい人はSEやSIerを選んじゃだめだ。
そこではあなたが求めるスキルは身に付かない。
よくよく会社を調べて吟味して入る会社を選んだ方がいい。
サービスはちゃんと自社開発しているのか。コンテンツは他から買ってきてるのではないのか。そこではプログラムは書けるのか。新しい技術を使っているのか? などなど。
ぱっと見ただけで判断してはだめだ。
「こんな新しいことやっていますよーー」と宣伝しているような会社は疑ってかかれ。
メインでもうけているコンテンツは何か、この会社はどこにむかっているのか。収益の構造はどうなっているのか。
そういう部分を一つ一つ丁寧にみていけば必ず、実態は見えてくる。
内定でたからって焦っちゃだめ。 そこで、自分の本当にやりたいことができるのかをよくよく調べないといけない。


ぶっちゃけ、残業が多いとか少ないとかはボクはどうでもいい。
確かに始業時間が遅いし、ガチガチに拘束されない環境はとても魅力的。
でも、やりたい事ができて、成長したい自分に近づける環境の方が大事だと思う。
そのためなら残業は苦じゃない。
むしろ、やりたい事じゃなくて、しかも自分の能力から考えても簡単な仕事で、暇でつねに定時前にはその日の作業がおわっちゃう……みたいな仕事の方が苦痛でしかたない。


就職活動系で、このブログに行き着く人が少なからずいるようだから、僕は若い彼らにいいたい。
自分がやりたいことができる会社を選ぶ。
自分のイメージだけで会社を選んじゃだめだ。
100%ピッタリはないかもしれないけれど、100%に近い仕事は探せばかならずある。
焦るな、選べ。そして、企業と人事に騙されるな。