読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

文学少女と月花を孕く水妖

読書

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)


読み始めて、前巻となんだか時系列が合わなくて激しく混乱したが、あとがきを読んで納得。今作は時系列的には2作目のすぐ後で、番外編的な扱い。おそらく、この後に続く重要な伏線なのでしょう!


文学少女シリーズ狼と香辛料とは逆で最初の3巻が恐ろしくつまらない。これが狙いだったらすごいなーーとおもっていたけど、どうやらそうではないっぽい。だって、このお話も凄く面白かったから。
今回の題材は泉鏡花の『夜叉ヶ池』。これにでてくるのと同じような事件がおこる。
お話の中心人物は麻貴先輩。ここで、彼女は強くなっていくわけだなーー。


今作は若干の推理小説テイストであったが、これもかなーり面白かった。ステレオタイプ的ツンデレ嬢は今回はでてこなかったのが残念ではある……
いよいよ、終わりに向かってお話はすすんでいくのねん。



物語は、終わるから面白いんだよね。
いつまでもダラダラと続くものや、(作者が)終わりの見えていない作品ほどどんどん堕落して行く傾向がある。そりゃ、金になるのはわかるけどさ。
文学少女シリーズは最初の3巻で伏線を張り終わり、4巻目から徐々に回収にかかっている。作者には、明確にこれを終わらせる意思があることを高く評価したい! 
友人はこういいました「ライトノベルは漫画と同じ」。
ならば、ラノベもきっときちんと、作者の手の中にあるうちに終わりにしたほうが、きっと後世に残るいい作品になるんだろうね。
……さっさとBLEACHとかおわっちまえばいいのに。