読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

有頂天家族

読書

有頂天家族

有頂天家族


この間、トップランナー森見登美彦氏がでていました。
いかにも理系のお兄ちゃんという感じで、「あぁ、こういう人があんなぶっ飛んだお話かくのかぁ」と感心しながら見ていました。


さてさて、今回も森見節全開の愉快痛快なお話、有頂天家族です。
帯に

かくも毛深き家族愛!!

と、わけのわからんキャッチコピーがついています。
ま、でも読んでみて納得。これ、狸の家族のお話。
京都を舞台に人間、狸(人間に化ける)、天狗が飛び回るなんとも不思議で痛快なお話。


設定がまた素敵だ。
糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。
残されたのは母とその息子四兄弟。長男は生真面目だが土壇場に弱い。次男は蛙に化けて、そのまま狸に戻れなくなって井戸の底でくらしている。三男(この話の主人(狸)公)は面白主義が過ぎて周りを困らせ、四男は化けてもすぐに尻尾がでてしまう未熟者(ただし、指先で携帯電話の充電ができるという特技を持つ)
狸たちは天狗に教えを請うのだが、この天狗は赤玉ポートワインが大好き故に赤玉先生と呼ばれる。
半分人間、半分天狗で天狗より天狗らしい美女弁天。
忘年会では必ず狸鍋を喰らう悪食集団「金曜倶楽部」(これは人間)。
先斗町を偽叡山電車が走り回り、狸が偽電気ブラン工場を営んでいる。
狸どうしの権力争い。毛玉たちのかわゆきことよ。
なにかしら事件や厄介毎を起こしては三男・矢三郎はこう言う

すべては阿呆の血のしからしむること

と。


兎に角愉快、痛快! 読んでいてニヤケマクリングが止まりません。
でも、最後はちょっとうるっときた。というか山手線でちょっと泣いた。
凄く、いい下りがあったからまるっと引用させてもらう。

一匹の敵を作るときには一匹の友を作らなくてはいかん。五匹の敵を作るときは五匹の友を作らなくてはいかん。そうやって敵を増やしてゆき、いつか狸界の半分を敵に廻しても、かたわらを見ろ、お前には三匹の弟がいる。これはたいへん心強いことだ。それがお前の切り札となる日が必ずくる。


この下りを読んだときに、涙がブワっと滲んできました。
森見登美彦氏、ほんとうにグレイトな作家です。