読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

サウスバウンド 下

読書

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)


これは上下に別けない方が絶対いい。東京編、沖縄編でたしかに区切りはいいけれど、そこで区切ってしまうとこの作品の面白さは半減する。
「父親は元過激派」
というキャッチコピーがついているが、それがどうした! この本は家族の絆を描いた大名作だ。


東京ではなんだかぎくしゃくしていた家族の関係が沖縄に移住してから徐々に変わって行く。
そもそも、無政府主義で、人間は自給自足で生活して行くべき、という父親には沖縄の水があいまくったわけだ。
東京ではフリーライターとか言って、一日中家の中でゴロゴロしていたような父親が、沖縄に移住してからもりもりと働き出す。
畑を耕し、家を修理し、漁にもでかける。


こうくると、母親も俄然生き生きしてきて、どこか父から一歩身をおいていた母親も、なんだか父親と恋人同士にもどったかのようになる。
そんな親をみて、親父をじゃっかん軽蔑していた二郎もじょじょに親父を見直し、尊敬の念すら抱くようになる。
家を出ていた姉も沖縄にやってきて一緒に暮らし、家族が生き生きしていく様子が巧みに描かれている。


そして下巻のクライマックスは土建屋VS父の戦いだ。
学生運動でならした父の戦いっぷりの見事なこと。そして、おなじく学生運動で慣らした母の男らしい事。
これを見守る子供達、住人達の熱い応援
そして堂々のクライマックス!


10/6から映画館で公開されるそうだがなんだかいまいちそう……。
キャスティングがビミョー。なんだか小説のイメージとかけ離れてる感じがするので映画はみにいきません。



さーて、つぎの読書はいよいよお待たせ森見登美彦氏の新刊「有頂天家族」ですよ!

有頂天家族

有頂天家族