読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

さらい屋五葉

漫画

さらい屋五葉 第1集 (IKKI COMICS)

さらい屋五葉 第1集 (IKKI COMICS)


コミックIKKIにはなかなか良質な漫画が連載されている。本当に、漫画好きのタメの漫画雑誌という感じで、広く一般受けはしないんだろうけど、味が有る個性派の漫画家がそろっている。


また、例により本屋で適当に手にとって見たのがこれ。「さらい屋五葉」
時代は江戸時代。
剣の腕は一流だが、大人しい(というかよわっちぃ)性格のため、職が無い侍の政はひょんなことから優男のイチの用心棒として雇われる。
このイチという男、実は人さらいを生業にしていて、その身代金の受け渡しの際の「形だけの」用心棒として政を選んだ。
政は知らず知らずのうちに犯罪の片棒を担いでしまったわけだ。
イチは政は気に入り、さらい屋五葉に政をさそうが政は侍の矜持があり、五葉の仲間になる事に難色を示す。
ま、でも仕事は無い。喰って行かないといけない。郷里には借金のある弟がいる。んで、まぁ、イチとその仲間達に仕事を紹介してもらったりしながら、五葉との交流を深めていくし、他のメンバーの過去に少しずつ触れられて行く。


なんだか、静かな漫画だ。
この作者の絵柄がいい。
にょろーんとしていて(?)飄々とした感じが良く出てるし、士農工商と呼ばれた時代の空気のような者を感じる。
なんだかおしゃれなんだ。
漫画とすると若干地味なストーリーかもしれないが、政の生活を軸に展開して行くドラマは面白い。
行動ではなく、人の内面にスポットが当たっているから、静かな中に迫力を感じるのだろう。


読めば読む程味が会って、良作。いい買い物した!

さらい屋五葉 第2集 (IKKI COMICS)

さらい屋五葉 第2集 (IKKI COMICS)


さらい屋五葉 第3集 (IKKI COMICS)

さらい屋五葉 第3集 (IKKI COMICS)