読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

BAMBOO BLADE

雑記

BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)


読んで字のごとし。竹刀!=> 剣道漫画です。
ずーーいぶん昔から気になっていたのですよ。表紙のオニャーの子達が。


そして、一月くらい前に1巻をかったら……んんん?? 面白くなりそうな予感!!
#つまり、1巻はいまいちだったてことだ。
主人公とも言えるたまちゃんがなんだか天然系で実にきゃわいい!


ストーリーは実にありふれた学園部活物。"萌え"の要素も"燃え"の要素も両方を兼ねそろえているという点が非常によい。
主人公は剣道部の顧問。まぁ、この男、兎に角金が無く、生活力がないダメな男で、トラブル体質。
なんやかんやと理由がついて、とにかく女子剣道部を強くしなくては行けなくなるわけだ。
剣道の団体戦は5人。もとからいる部員は2人。これに(元?)ヤンキー娘が加わり、最強のたまちゃんが加わり、おっちょこちょいの眼鏡っ子がくわわって全国を目指すというストーリー。
見所は、ギャグとシリアスのバランスが絶妙に取れていること。燃えと萌えのバランスが絶妙に取れている事。
ともすればどちらかに偏りがちだが、この作品は兎に角バランス感覚がいい。
使い古された『次々と新しい敵があらわれて、みんな強くなっていく』的なノリなのだが、このバランス感覚のおかげで、すでに業界全体でマンネリ化した展開でも飽きさせずに読ませてくれる。


登場人物がまた魅力的だ。
たまちゃんという女の子は普段はぽーっとした癒し系で、みんなのマスコット的な存在なのだけど、剣を握ると大人の男でもかなわない程の使い手。
都は元ヤンキー。なんだかちんちくりんな彼氏を溺愛していて、彼氏の前では猫かぶってる。剣道初心者ながらも、剣で相手を叩きのめす快感を覚える。ドS
キリノは部長で、ムードメーカー。実は成績も優秀で、お惣菜屋の娘さん。天真爛漫でみんなの人気者。
サヤは……こいつはただのバカだ。
サトリはベリーグッドな眼鏡ッ娘。是非たまちゃんを喰ってしまうような活躍を期待している。


まぁまぁ、よくもまぁ、これだけ多彩に人物をかきわけたものだ! どいつもこいつも輝いていてまぶしい!
現在5巻まで刊行されていて、これからみんなどんどん強くなって行くのだよ!



王道って、批判の的にもなるけど、本当に面白いモノって、やっぱり王道にのってるんだよね〜〜


早すぎないアニメ化を希望する!*1

BAMBOO BLADE 2 (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE 2 (ヤングガンガンコミックス)


BAMBOO BLADE(3) (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE(3) (ヤングガンガンコミックス)


BAMBOO BLADE 4 (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE 4 (ヤングガンガンコミックス)


BAMBOO BLADE 5 (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE 5 (ヤングガンガンコミックス)

*1:つまり、5巻とかそんくらいしか原作が進んでないのにはやってアニメかしちゃって、アニメ自体が面白くなくなってしまう事だけは避けて欲しい。アニメ化って、たとえば1部が完結とか、連載終了後とかにされた方がゼッタイ質の高い物ができるはずだ。ちなみに俺がいま最もアニメ化するべきだと思っている作品は『KANA』と『いばらの王』この2作品はガチ!