読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

BACCANO!

アニメ

今期は良作アニメが非常に多い!
らき☆すたさよなら絶望先生電脳コイル、クイック展開で有名なスカイガールズ、意外とぽてまよも面白かったけど俺的にどうでもいい。
まま、しかし、今期群を抜いて面白いのはなんといってもBACCANO!だ!


まずはこのOPを見てくれYOU ALL!!


Jazzの香りがする軽妙な音楽が素敵じゃないか!
というか、この作品、全体的に音楽がすごくいい。うきうきわくわくこころ踊らされる!
このOPをやってるのは女の子9人組のParadise Lunchというユニット。そこまで上手ではないけど、勢いがあっていい! 楽しそうに演奏しやがれ!


さて、ストーリーを簡単に説明するのが苦手だからwikipediaから引用だ!
Wikipedia:バッカーノ!

三百年前、船の上で錬金術師達は不死の法を手に入れるため、『悪魔』を召還したのが全ての始まりであった。悪魔は錬金術師達に不死の酒を与え、唯一死ねる方法と召還主だけに不死の酒の製造方法を教えた。

しかし、その次の日の夜、錬金術師達の内の一人が仲間を喰い始め、彼らはその魔手から逃れる為、世界中に散り散りとなった。そして禁酒法時代のアメリカ、不死の酒を巡り、バッカーノ(馬鹿騒ぎ)が始まる!


第一話を見たとき、少し混乱をした。
男と幼女(?)の語らいから始まるのだが男(若本ヴォイス)が「何故、ここを始まりに選んだのかね?」と問いを発する。そして、物語の始まりとしてもよい場面が時系列を無視して次々と繰り広げられる。この演出、かなりの諸刃の剣だ。だけど、ハマると面白いぞ……と思いながらみていたら、見れば見る程どんどんハマっていく!
物語の時系列は容赦なく飛びまくる。未来に行き、過去に戻り、列車の中で大立ち回りすると思えば、マフィアの幹部会に移動する。
そんな断片的なストーリーのあれやこれやが、話が進むにつれてどんどん、どんどん繋がって行き、一つの壮大な物語へと繋がって行く!
ああ、これは、脚本家は本当にいい腕をしてるんだなぁ……と感心させられる。


台詞まわしも軽妙だ。主役?の二人、バカップルのアイザックとミリアのやりとりは思わず頬を緩めずにはいられない!

ミリア「ねぇアイザック、サツリクってなに?」
アイザック「リクって言うのは、まず大陸の陸の事だな」
ミリア「大地だね!」
アイザック「サツっていうのはお札のことだ」
ミリア「お金だね!」

第3話の予告(つまり4話「ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ」の予告)。
このテンションの高い二人に引っ張られていろいろなマフィアやらなんやらが絡み合ってお話が進んで行く。


制作はブレインズ・ベース。んん〜〜聞いた事無いなぁ……とおもってググってみたら古くは北京原人(な、懐かしい!!)から最近ではかみちゅを作っていたらしい。ANIPLEX系の制作を請け負ってる感じだな……。住所が三鷹なのできっと三鷹系。タツノコとかジブリとかからわかれたか?? とおもったら東京ムービー新社系っぽ。


作画クウォリティも高い! 流石、WOWOWは予算をバーーンと出すのがいいね!
とりあえず、オープニングテーマは買いだ!

バッカーノ! 1 [DVD]

バッカーノ! 1 [DVD]


GUN’S&ROSES

GUN’S&ROSES