読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

お好み焼きについて考える。

雑記

いわゆる関西風と広島風がありますよね。
私の認識では関西風は生地とキャベツを混ぜ合わせてから焼く。広島風は鉄板の上で焼いた生地の上にキャベツを乗せてその上に卵とか生地とかを掛けて焼く。
多分、技術的に簡単なのが関西風なのでしょう。その為私の家(福岡県出身)ではお好み焼きは関西風で作っていました。
いまだに広島風の作り方でお好み焼きになる理屈がわからんとです……。


で、ちょっと前、風月でお好み焼きを食べる機会がありました。
風月は関西風お好み焼きなのですが、私はそこで衝撃を受けました。


そう、広島風かと思われるほどのキャベツの量です!
キャベツの量に対して生地が極端に少ない!
でも、最初に生地とキャベツを混ぜるのだから関西風か……。
いや、しかし、あの生地の量でお好み焼きは成立するのか!?


……とういうレベルでのキャベツの量です。正直お好み焼き感が変わりました。
世界ががらりと一変したと言っても過言では有りません。
風月のお好み焼きは、カリカリフワフワで最高においしかった……。



というわけで早速自宅に戻ってから研鑽を重ね、ついに風月風お好み焼きを自分で焼き上げる事に成功しました!
そとはカリカリ、中はモフモフ。
カリカリモフモフと言えばメロンパン!(違
この一枚の(どでかい)お好み焼きの中にキャベツ1/4玉が入っているとはまさにファンタジー!
ついでに薬味ネギを1束、揚げ玉もボンバーさせて、豚の三枚肉入りなんだからもうタマラン!


風月風、皆さん是非お試しあれ。
つか、一回風月にいったらだれでも修得できそう!