読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

名古屋ぶらり旅?

雑記

……何故だかわからんが、俺は名古屋まできてHMVにいる。
まったく意味が分からない。


順を追って説明しよう。
今回の名古屋行き、まったく何も計画を立てないで決行したわけです。
それには理由がありました。
それは中学以来の無二の親友で名古屋在住でなかなかカッコイイテクノトラックを作ることで有名なサラリーマンU1のお世話になる予定だったからです。
名古屋についたらU1にピックアップしてもらって名古屋観光〜〜
……という予定だったのですが

ぴろりろりろ〜〜ん(U1からの着信)
hidesuke「おでんわありがとうございます。ピザハット調布店でございます」
U1「あ。ヒデ? わるい、なんか突然彼女が来てさ。そっちピックアップしてから行くから栄のHMVで暇潰してて!!」
hidesuke「は?


いや、まったく意味がわかりません。
ちょっと説明すると、U1の彼女は東京住まいで、遠距離恋愛をしているわけです。
その東京住まいの彼女が何の予告もなしに名古屋に来た、と。
しかも、今日俺が泊まりに行くことも彼女は知っていたとのこと


これは、もしかして俺は今日野宿になるのか?


ま、でもよく分からないのでとりあえず二人を待つことに。
40分くらいしたら二人仲良くやってきました。実はU1の彼女に会うのは初めてで……
U1も身長低いけど、彼女さんはもっと低いな!!(そして少し不思議ちゃん。けっこうかわいい)


で、なんだかよく分からない間に俺とU1とその彼女で名古屋観光、というか散歩へ。
俺は人見知りするから、初対面の人苦手なんだよなぁ……と思っていたけど、まぁ、そこはさすがU1の彼女。すごく話しやすい。
僕の不安は杞憂に終わったとさ。(でも、このときはまだ野宿の可能性におびえている俺)


昼食時ということで名古屋名物味噌カツを食うべく矢場とん
ちょっと並んでたので、並んでいる間に注文を決めるのですが、店員さん、俺を見るなり「わらじトンカツですよね?」と言ってきた!
名古屋人、遠慮がないな! それは俺への愛か? 愛なのか! 
ということでわらじトンカツ(B5の紙くらいの大きさ)を食いました。
味噌カツ旨かった〜〜。


そのあとは100m道路の付近をぶらついて、なんとかっていうお寺さんを覗いてから、U1の車に乗り込みドライブ!
本当に適当に走って、名古屋城とか桶狭間とか名古屋ドームとか外から眺めました。
そう、外から眺めただけ
だって、17時過ぎててどこも入れないんだもの……。


夜はU1の家の近くの焼き鳥屋「野球鳥」へ。
すごく久しぶりに焼き鳥屋でぶたばらが食えてうれしかった。10年ぶりくらいにレバ刺しが喰えて感動した!っすっげーー旨かった!!
3人で死ぬほどくって一人5000円でおつりが……。何この安さ!!


結局、夜はどうしたかというと、野宿は回避されました。外雨ふってたしなー。
でもね、アツアツのお二人さん@ベッドの上の横で寝袋で眠る僕はなんだかすごく複雑な気分でした。
いや、別に何も変なことはして無かったよ!つか、3人とも泥酔していて、寝床につくと速攻寝てたよ!


彼女さんが突然やってきた理由ですが、なにやら俺と会ってみたかったらしい。
奇特な人もいるものだ……。
彼氏と仲のいい人がどんな人かをいろいろ知りたいんだそうだ。
なるほどねぇ……。ま、それはいいのだが、けっこう気を使うから次はやめてほしい(笑


ちなみに、この彼女さんの名前、ちょっとアレげな名前です。
名前というか苗字がね、「大阪」さんなのです。
もうね、オタクどもは反応せずにいられないだろ。


おおさかー。おおさかー。と呼びてぇ……。
ちゃうねんって言わせてぇ……。
目の中のホコリを追跡させてぇ……。