読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名称未定ドキュメント"Que"

hidesukeの読書感想文

13歳のハローワーク

読書

13歳のハローワーク

13歳のハローワーク


23歳です。もうすぐ24歳です。来年は年男です(はぁと
僕の母がすばらしい人で、「本は財産だ!」と言って本を買いあさっては借金を膨らませるような人なんです。だからシンガポールに住んでいるときも、他のマダムが宝石や時計やブランドグッズを買っている中、我が母は一心不乱に洋書(特に絵本)を集めていました。そんな母が住んでいる実家だから家には本がいっぱい。息子の僕の部屋であの蔵書数なんだから母はもぅ……。
だから話題の本なんかは大体実家にあるのです。
そんな母が中学生の妹の為に以前かった本13歳のハローワーク。僕もそろそろ就職活動なのでちょっと目を通してみようか……とトイレで読み始めたらコレがめちゃ面白い。「〜〜が好きな人」という感じでカテゴリ別けされていて、様々な職業について書かれている。13歳の〜〜と言うくらいだからかなりわかりやすく書かれているのだが、僕が注目したカテゴリーは「何も好きなことがない」とい章。
確かに現代人はそんな人間が多いかも知れない。でも、そんな人でもこんなに可能性があるよ〜という可能性を示してあった。村上龍なかなかやるなぁ……と関心した。「エッチなことがすき」という章があったのに一人心をときめかしました。